変形性膝関節症

膝(ひざ)の仕組み

ひざは太ももの骨(大腿骨)とすねの骨(脛骨)が合わさった部分が関節となって稼働しています。

その骨の表面は軟骨でおおわれており、間にはヒアルロン酸を含んだ関節液があり潤滑油として大事な役割を担っています。

 

 

変形性膝関節症とは

軟骨がすり減って骨と骨が直接当たってしまい起こる痛み。

炎症が生じるコトもあります。

 

何故?

 脚のゆがみによる長年の負担から生じると言われます。

 O脚で肥満傾向にある人が特になりやすいそうです。

O脚によりひざ関節がずれると内側に大きく負担がかかります。

変形性・・になる人の90%は内側に強い変形がみられるそうです。

そこへ体重がかかると更なる負担がかかるというわけです。

 

 怖いのは気がつかないうちに少しずつ進行していくということ。

O脚や姿勢が悪いままにしておくと高齢になったときにそのツケがまわってきます。

若くても膝に痛みや違和感を覚えている方は原因が何かをつきとめ早目の対処を。


 前述以外にも、足からの歪みが原因の場合もありますし、歩き方やスポーツによるものもあります。

 

 

当サロンではそのお手伝いをしています。

フットカウンセリング>>